読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反原発でも

 今日、高円寺で反原発デモが実施されたらしい。
 果たしてこのデモは今やるべきことだったのか。
 主催者は勢いを借りて、いま勢いのあるうちにどうにかしたかったのかもしれないけど、肝心の福島県民は今絶対に(…とはいえないけど)参加できない。
 震災初期からずーっと思っている事だけど、何をするにしても被災地、地元の意思とは関係なく、勝手に物事が進んで行くのが気に入らない。


 僕は基本的には原発に反対、に転回しました。この前までは

「首都の電力まかなう為だから…まあ、しょうがないんじゃない?安全なんだし」

と思ってたんですけどね。
 東電・国の発表信じないんだったら、国外にでもいくしかないでしょう?まあ、ものの見事に裏切られた訳で、自分の甘さは認めざるを得ません。

 ただ、それでも原発即停止ってのは現実的じゃないですね。今この期に及んで「現実」を考えるか?って意見はあってしかるべきだと思うんですが、出来るだけ日常に影響ないようにしたいと思うんですよ。万が一があってからでは遅いのは分かるんで、浜岡とか、ヤバそうなところはさっさと止めてもらうにしても。
 誰かが、日本の国土の5%を太陽光発電に当てればクリーンエネルギーで日本の電力をまかなえるっていってたけど、国土の5%って、どれくらいになるのか分かってんのかねえ。
 デモも人は集まったみたいだけど、どれだけの人が継続するのかなー。夏になってエアコンが使えないなんて事になったら、原発やむなし!になったりしない?

 ただ、それ以上に推進派についてはどうしようもない。口を開くと「じゃあ、原発に変わるクリーンなエネルギーは?」ときたもんだよ。議論に応じる気すらゼロに思える。とにかく原発を維持したいってだけに思えてならない。
 僕はもう「計画停電でいいんじゃね?取りあえず出来たじゃん?」という事にしました。具体的代案は?とかうるせーから。
 原発ありきで考えっからおかしいんだよ。原発を徐々に廃止する方向で考えてみようぜ。絶対何か思いつくはず。

 しかし…石原のオッサン、知事になっちゃったねえ。