読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011 初日 帰宅後

 初日が終わって家に戻りシャワーを浴びて、寝る前に…とツイッターを見ていたら、rei harakamiUstream (再放送) がされているという情報をキャッチした。
 うちではUstreamはネットワーク速度が遅く殆ど見られないのだけど、何故かこの日は音切れもほとんどなく、映像も切れずに見る事が出来た。
 
 再放送とはいえ初回放送を見ておらず初見だったので、途中からではあったけど、ハラカミさんの作業場(というか、キッチンか、あれは)でゆるゆる放送してるのを楽しく見ることが出来た。

 放送はハラカミさんの未発表曲演奏で午前〇時過ぎに一旦終了。ハラカミさんのスライドショーなんか始まっちゃって、なんか寂しいなー、と思っていると画面が切り替わった。
 さっきまでいたスタジオというか、ハラカミさんのキッチンが映ったのだけど、ハラカミさんがいない。いるのはU-zhaanだけ。
 なんか変だなー、と思っていると、チューニングをして、U-zhaanが演奏を始めた。
 U-zhaan x rei harakamiの曲。ツイッターをさかのぼると、U-zhaanのツイートに「放送終了後に u-zhaan x rei harakami で一曲演奏します」と書いてあった。そういう事か。この部分は生なんだ。

 rei harakamiu-zhaan の音に酔っていると、おもむろに曲が終わった。ツイートでは演奏は一曲の筈だったのだが、放送が終わる様子はない。
 u-zhaan が一言、ぼそっと「…チューニングしてもう一曲やります」と言った。

 タブラのチューニングは、専用のチューナー(というか、一定の音が出る笛の様なもの)を吹きながら、タブラの留め具の様な部分をハンマーで叩いて行う。チューニング中、笛を話したタイミングで u-zhaan が喋る
  
「…チューニング中は本当はハラカミさんの持ち時間なんですけどね。一人だと、どうしようもないですよね…」
 
 チューニングが終り始まった曲は rei harakami / red curb。
 演奏は、本当にハラカミさんへの愛を感じるものだった。u-zhaanは本当にハラカミさん好きなんだな。
 ハラカミさんが亡くなった事も悲しいけど、u-zhaanの辛さを思うと、より悲しくなってきた。明日、起きたら目が腫れてるだろうけど、それでも構わないんだ。
 rei harakami がどれだけの人に好かれていたのかが分かった、少し嬉しくあり、悲しくもある。そんな日だった。