読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャイコTV Vol.8 2012/06/27 @ mito LIGHT HOUSE

 こんにちは!書記長大内です!

 昨晩も、ジャイコTVご視聴ありがとうございました!

 まずは、放送開始遅れて済みませんでした!

 そして、ちょっと途中で乱れましたね、僕(汗)

 こちらも済みませんでした!



 言い訳がましいですが、昨晩は38℃の熱がありまして…でも、以前稲葉さんは39℃でやってましたからね。負けるわけにはいかないって話なんですけど(笑)


 さて、皆さんご存知の通り、僕、毎週水曜日に「ジャイコTV」の配信担当ということでカメラとかまわしてます。

 話してくれる人はプロの領域でやってる人なので何の心配もないんですが、映像・音声の方は僕がやってるわけですから、まあ、ぶっちゃけ素人がやってるというわけです。

 もちろん、日々成長してますんで、単なるシロートと一緒にしてもらっちゃ困るぜ!とは思ってますけど(笑)

 

 まあ、それでもネットワークとか機材の環境はプロ級に整えられるんですが、映像・音声の扱いって事になると…です。


 もちろん、黙ってるわけでもなく、日に日によくする努力はしております。

 当初は安い200万画素クラスのwebカムで配信してたのですが、HDのビデオカメラを導入し、ネットワークも安定させ、音声面も拡充しました。



 ただ、まだまだなんですよね…。

 音声は届いてますが、音質という点では不十分な気がします。

 撮影映像も以前に比べるとクオリティ高い気はしますが、まだ不十分です。


 いま、目論んでいるのは「音声のクリアー化」です。

 映像もクリアにしたいんですが、やっぱり音声です。

 USTREAM、確かに映像もついてますが、やっぱり音声をクリアにお届けしたい。

 映像からは何を言ってるかわからないですからね。映像はあくまで補助で、情報のメインは音声ですから!


 しかし、これが意外と面倒くさい。

 どれだけいいマイクを購入したとしても、放送って事になると単にそれだけではいけないんですよ。

 

 今、ジャイコTVでは178ルームのスピーカーからBGMとして音楽を流し、それをマイクで拾うという非常にアナログなことをしています。

 しかし、できれば音楽も直接ラインで乗せたい!

 

 この場合は「オーディオインターフェイス」というものを使います(というか、使いたいです)。

 これがあると、ある程度のノイズを取り除いたり、人間の声だけ大きくしたり、BGMを聞こえやすくしたりと色々音声について遊べますし…

 

 と、いうことで、いま、検討中のオーディオインターフェイスがこちら

 

 ROLANDのTRI-CAPTURE!!!!

 

 色々検討した結果、USTREAMにはこれがベターじゃないか、と。

 もちろんもっと高ければ高いほど良いわけなんですけど、ちょっとそれは僕には手が出ませんので(汗)



 オーディオインターフェイスはもちろん、新しいMacも欲しい、映像機材も欲しい、もうちょっといいマイクも欲しい。

 安い奴でそろえるにしても、30万円くらいあれば万事解決なんですよねぇ…

 誰か、ポーンと出してくれないかな、30万円。

 

 スポンサー、求む。メリットはあんまりないと思いますけどね(笑)