読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸ライトハウス感謝祭 -Light up IBARAKI- 2012/02/25 @mito LIGHT HOUSE

音楽 VJ

 いよいよやってきました。感謝祭。
 昨日の出番以上に緊張しています。

 確かに共演者ですから全員ライバルであって、芸人なら「自分以外全員滑れ!」という状況なわけで、緊張すること自体がおかしいと言えばその通りです。
 でもでも、楽屋にいるのはプロのバンドさんです。僕の近くでギターのチューニング始めたり、マイクのメーカーについて話を始めたり、とにかくもうほぼ一般人の僕にしてみれば見てはいけない世界に踏み込んだ感じ。 
 あっという間にその濁流にのまれていきます。

 しかも、知ってる人が一人もいない。
 おかしいって。12時入りなんだよ? なのに、なんでスズケンさんも宴会族さんも稲葉さんもいないのさー(泣)
 しかも僕、いきなりBxAxGさんとスマレンさん間違えちゃったし。ああ、もう帰りたい…

 入り時間からしばらくすると続々と出演陣が集合。うーん。me-al artさんとか、真空ホロウさんとか。どうしたらいいんですか僕。
 ママン、僕、真空ホロウさんと同じ楽屋にいるよ…


 僕たちの出番はなんとトリ前。とはいえ、例年ライトハウスで行われる「麻薬撲滅運動」のビデオをたっぷり20分見せられた後の出番なので、トリ前でもあまり美味しくありません。
 その、完全にそこまでのバンドでがっつり上がった熱が冷め切った後、DJイベント。しかもジャイコナイトなんて超アウェー。
 確かにジャイコナイトは邪道で上等なわけで、今更アウェーも何もないとは思ってたんですけど…僕、ど緊張。
 まあ、僕は二階席からの映像制御係なので、直接矢面に立つことはないんですけどね(笑)

 僕がいかに緊張していたか、という話はこの辺りで一旦切り上げましょう。
 感謝祭について書きますね。


 例年開催されている感謝祭に初めて来たのですが、感謝祭に来たバンド全部よかったです。
 高校生バンドのサラクエル.はもうちょっとちゃんと聞いてみたくなったし、スマレンはとにかくかっこよかったらしい…というのも、出番の準備で見られていないのです。
 BxAxGは安心クオリティ、me-al artは神様降りてきちゃう感じ。
 こんなすげーパフォーマンス見せられた後、僕、やるんですか?(汗)


 そして、いよいよ麻薬撲滅運動の映像が投影開始。同時に、僕は二階席へ移動し、映像のスタンバイを行います。
 事前に「映像の後でなんか話あるからー」と聞いていたのですが、ダメ!ゼッタイ!映像が終わったあと、二階で映像流してたライオンズクラブの方に話を聞くと「いや、これで終わりですよ」とのこと。

 うへ!やばいやばい!心構えがちょっとずれた状態でスタートかっ!


 慌てて一発目、スターウォーズ調のジャイコナイト説明映像を流します。
 前のイベントとの区切りが明確ではなかったので、相当ポカーーーーーンという空気が漂っています。やっぱりスターウォーズのOPテーマ流すんだった!
 これはまずい。

 説明映像が流し終わったので、呼び出し映像に切り替えるも…ま、まったく反応がない!ジャイコのときはここでお客さん沸いてくれたのに!やばいぞ!やばいぞ!
 そして、178さんが登場。曲をかけ始めるかと思ったので、映像準備を始めところ、いきなりのMC。
 しかし、さすがは百戦錬磨。このMCでお客さんが息を吹き返しただけでなく、ぐっとこちらへ引きよせる。

 よし!僕も準備できました!行きましょう!








 そして30分後、やりきった僕がそこにいました。
 完全にやりきりました。今までの映像出しの中で最も高いクオリティがここで出せたのは、とりあえず自分をほめてやりたいです。後で思いなおせば、まあ、赤点ではないものの、100点中の50点強はあげられる出来。

 しかも終演後、BxAxGのグルメ山本さんに「映像よかったですよ」とお褒めの言葉を頂けました。
 プロのバンドの人に褒められるなんて…舞い上がって次もっと頑張ろうという気になりました。


 その後、もちろん今回ご一緒の面々と打ち上げに言ったのですが…記憶が殆どありません。
 真空ホロウさんとme-al artさんに挟まれ、同じ鍋をつついたモノの緊張しまくりで一言もしゃべれず帰り間際に「ばいばーい!誰だか分からないけどまたね!」と言われてしまう始末(笑
 でも、スマレンさんとは少し仲良くなれた気がします。多分。


 さて、こうして33年間で最高に濃密な二日間はあっという間に幕を閉じました。音に囲まれたその二日間。すごく幸せでした。
 中学校の頃から一度立ってみたかったライブステージに上り、自分自身プロとしてプロと競演し、そして最後にはプロのアーティストからおほめの言葉をいただくというこれ以上ない形で一旦幕を引きました。

 しかし、一回やっちゃうと辞められないですね。
 お客さんを楽しませたいなんてキレイゴトですよ。だって、お客さんを楽しませてる自分が一番楽しいです。
 お客さんが楽しんでくれたら自分が楽しいんじゃなくて、自分が楽しくなりたいからお客さんを必死で楽しませる…これです。だから、誰の為でもなく自分の為なんです。
 自分の為なんだから、そりゃお客さんを楽しませたくなるわけです。

 だからずっと続きますよ、これは。
 麻薬撲滅運動戸のコラボイベントでしたが、ドラッグなんかよりも余程健全で余程中毒性の高い物に取り憑かれた、幸せな気分です。



 さて、今後の僕の予定なのですが、今の所決まっている出番もいくつかあります。
 映像で水戸に出るので是非見に来て下さいね。ジャイコは勿論出ます。有給とりました(笑)
 あと来月水戸のジャイアン、オールナイトじゃないみたいなので、高校生も是非。