読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vintage League Tour 2012 @ mito LIGHT HOUSE 2012.10.21

 こちらも1カ月以上前になってしまいますが、mito LIGHT HOUSE の VINTGE LEAGUE TOUR に行ってきました。

 

 この日の目的はもう、何をおいてもHINTO!

 

 ex.スパルタローカルズの安倍コウセイと伊東真一の居るバンドです!

 

 

 先行配信で3曲、その後アルバム二枚出しています。

 

 

 先行配信の「マドロミオ」「バイトさん」「びいち」はどれもこれもこのあとの展開を期待させる曲ばかりだったのですが、ファーストアルバム「チェーンサマー」は正直僕としてはピンと来ず…しかし、セカンドアルバムの「She see sea」で大爆発!

 

 

 とにかく期待しかありません。

 

 

 ライブはまず東京の「ハグレヤギ」から始まりました。

 このバンドは…ドラムが女性だったのですが、それがすこぶるかっこよかったです。

 ライブ中何度も目があったような気がしていたのですが、後でアンケートをそのドラムの方が持ってきたとき

 

「マスクが目立ってたので…何度も見てしまってすみません!」(当日風邪気味だったので、マスクをしていました)

 

といっていたので、勘違いではなかったみたいです(笑)

聞くと、そのドラムの方もHINTOが好きらしい!(あとでツイートみたら、HINTOを隠し撮りしてメンバーにチクられたみたいです(笑))

 

 

 二番手はKUDANZ。

 バンドの名前は「件」から来てるのかな…と思ったのですが、家に帰ってweb見たら半人半牛のイラストがあったので確信。

 僕は個人的にちょっと泣きそうになった場面がありました。

 始まってたぶん二曲目だと思うんですけど、一人でギター弾いてた所にお友達がやってきて演奏を一緒に始める、ってところですね。

 

 すっごくよかったです。

 

 今回のイベントでは一番の出会いだったと思います。

 

 

 続いては日本マドンナ。

 名前はもちろん聞いたことあります。

 でも、初めて。

 

 名前から想像したとおり、とにかくむき出しの感情をひたすら楽器とマイクにぶつけて放出する、というバンドでした。

 そのエネルギーや感情は、どろどろの闇の中で赤く輝くコロナみたいなもので、エネルギーの大きさに、悔しいかな僕はただただ見ていることしかできませんでした。

 

 

 そして、最後が僕が見たかったHINTO。

 

 vo. 安部コウセイを見るのはスパルタの解散以来…じゃないな。FUJI FUJI FUJIQ以来です。

 gt.の伊東さんは、今年のRIJF、KILLING BOYで見ました。

 

 一曲目、いきなり「トキメキドライ」。

 二曲目、さらにいきなり「にげる」。

 三曲目、さらにさらに「びいち」。

 

 最強。

 最強のロックバンドだ。

 

 歌詞のセンス、メロディメーカーとしてのセンス、パフォーマーとしてのセンス、すべてにおいて安部コウセイを上回る歌い手が今、この世にいるのだろうか?と思わせるくらいのロックスターっぷり。

 ジャケットのすそを振り回すだけ、それだけなのにかっこいい。

 マイクのケーブルで縄跳びをする。それだけなのにかっこいい。

 

 一歩間違えればぜんぜんかっこよくないそれらの動作一つ一つが、安部コウセイにかかればすべてかっこよく見える。

 

 この人は本当のロックスター。

 

 と、いうことで、うろ覚えセトリをずどん。

 

HINTO Vingate League Tour 2012 / @mito LIGHT HOUSE

1. トキメキドライ

2. にげる

3. びいち

4. (ここが良くわからないけど、「ハードル」か「しらないまち」のどっちか)

5. バイトさん

6. スクールホウス

7. ひまわりばたけ

-

EC. ぬきうちはなび

 

 最高のライブでした。

 また、水戸にお越しいただくのを心待ちにしております!