読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014.02.05 冬のアンコール (LOST IN TIME / 鶴) @ mito LIGHT HOUSE

 珍しくライブの感想を。

 

 昨晩は水戸ライトハウスにて、LOST IN TIME / 鶴 のツーマン「冬のアンコール」でした。

 

 

 

 鶴はアフロ時代にフェスで見たことがあるだけで、脱アフロ宣言(2011末)後は初。

 

 それでも、鶴は鶴ですね。

 最後に演奏されたSOULMATEという曲は、鶴の真骨頂。

 アフロを脱いでもそういうところブレてないのは素敵です。

 

 

 

 LOST IN TIMEも実は久しぶり。

 前回の水戸はSANUMA SONIC同日だったのでいけなかったのです…

 最高でしたよもちろん。海北さんの声、源一郎さんのドラミング、三井さんのギター。

 刺さるんですよね。

 

 

 昨日のライブ、本編最後の「30」。

 「冬のアンコール」というイベントを象徴する一曲でした。

 

 若さというものを自覚する事なく、それが永遠にあるかのように過ごしてきた20代。

 そうではなく、時間は有限だと知った30。振り返ってみたとき、本当に良かったのかと。

 

 それでも、進むしかなく、もがき続ける30。

 海北さんも言っていましたが、30代を過ぎてバンドをやっていて、今そのバンドが熱い。

 

 自分に歌われたような歌で…勇気、なんて言うと恥ずかしいですが、そういうものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当は少し迷っているんです。

 安定は目の前に転がっているから。

 

 でも、残された時間は無限じゃない。

 それなら、出たとこ勝負でもいいかな、って。

 

 立ち止まって振り返る時間も大切だけど、

 無駄に立ち止まってる暇はない。

 

 10年後も今と同じように、あの時の自分がいたから今があるんだな、と

 自信を持って笑えるようになりたい。

 

 だから進む。この先へ。

 

 

 

 

 

 

 

 そう思えた、最高の夜。