読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eye-Fi がコネクトできました!

 Eye-Fiという、無線LAN機能付きのSDカードがある。

 

 これは、かいつまんで言うとデジタル一眼レフカメラ等、SDカードを使用するカメラで撮影した写真を、ケータイにその場で転送する事が出来るカードの事です。

 

 つまり、デジ一で撮影した高画質な写真を、その場で(パソコン等を通さずに)twitterfacebookにアップできる、素敵アイテムなのですね。

 

 

 ところが、昨日までこのカードが上手く動きませんでした。

 パソコンに繋いでいるときは認識できるのに、カメラに入れると認識しない。

 

 正確には、撮った写真はカードに格納されるのに、ケータイに転送されない。

 ソフトの設定も、カードとの接続設定も正しく設定されているはずなのに。

 

 

 で、今日、久々にEye-Fiのwebサイトにある「カメラ互換性」の一覧を見たら、こんな記述を発見した。

 

f:id:brocken-r:20140412190214p:plain

 

対応はしている(○)けど…「既知の問題」?

 

で、更にその先を見て行くと…

 

Eye-Fi連動機能の搭載されていないNIKON Dシリーズをご利用の際は、こちらのFAQ記事をご参照のうえ、
カメラの設定変更をしていただきませんと、Eye-FiカードのWiFi機能が停止してしまいますので、ご注意ください。 

 

D40にはそんな機能が無いので…設定しないと!

 

 

http://eyefi.co.jp/support/faq/dear_customer_who_use_nikon_d80/

 

 

と、言う事で、Eye-Fiカードへの電源供給が6秒くらいで止まってしまうのが原因らしい。

確かに、カメラの側からはEye-Fiカードは単なるSDとして認識される訳で、単に画像を保存するだけだったらシャッター切ってから6秒もあれば十分データは保存されるからいいんだけど、保存した後にケータイまで転送しなきゃならないとなるとこれでは不足らしい。

 

 と、言う事で、半押しタイマーというのの設定を最長の30分にしました。

 

 すると…おお、転送する!転送する!

 一年以上塩漬けで単なるSDカードとしてしか使っていなかったEye-Fiが始めて光り輝きはじめ増した!これは今日はばんばんとってばんばんアップすんぞ!と。

 

 

 ところがこのモード、電力消費がハンパない。

 

 

 今まではスイッチオンにしたままの待機状態で一日以上は平気で持っていた電池が、モノの三時間で終わってしまった(汗

 

 

 Nikonの設定は結構優れてたんだなあ…と思いつつ、最適な設定を今度は見つけよう…と思ったのでありました。はい。