読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すいたんすいこうの公開番組 @ 水戸駅北口ペデストリアンデッキ 2014.05.30

 先週末からの事をずずっとブログに書く。

 大事なのはこれから。全くその通り。

 でも、これからの自分があるのはこれまでの自分が積み重ねて来たものがあるからだと言う事をお忘れなく。

 

 好きな事、嫌いな事。得意な人、苦手な人。

 

 いろんな出会いがや出来事があって、これからの自分が居るってことを忘れてる気がするな。

 簡単に今までの自分が嫌いとか、自分が嫌いとか言うんじゃない。薄っぺらいわ。

 

 

 あ、話が全く横道にそれちゃった。

 僕は思い出を振り返るのが嫌いではありません。

 と言う事で、まずは先週金曜日の出来事から振り返ってみます。

 

 

 

 

 先週の金曜日、いばキラTVが新体制になって初…でもないのですが、大きい試みと言う事で、水戸駅北口ペデストリアンデッキでの生公開番組をやってみました。

 

 やると決めたのは僕だけど、元々はすいたんすいこうの一言からはじまった事だし、実際やるにあたってはいろんな人が動いてくれて形になりました。

 

 終わった後、いろんな人から

 

「とてもよかった!あれはこれからも続けて行きましょう!」

 

と言われたのが何より嬉しかったですが、結局僕だけではなくていろんな人たちが関わってくれたお陰でいい形になったのではないかとおもいます。

 

 

 現に、僕が出したのは「やりたい」と言う事だけでしたしね。

 

 すいたんすいこうのお二人、あの場に集まって下さった皆さん、そして実現に向けて動いてくれたスタッフ、県の方々も本当にどうもありがとうございました。

 

 

 よく「番組はディレクターのもの」と言います。

 これは、ディレクターの言う事全てが正しいとか、ディレクターが番組を好きにしていいってことではないと思っています。

 

 いい番組が出来ればそれはクルー全員の力であって、それをまとめあげたのがディレクターなだけ。

 悪い番組が出来た場合、それは力をまとめきれなかったディレクターの責任。

 

 そういう意味で僕は「番組はディレクターのもの」だと思っています。

 

 

 来月も必ずやります。

 今度はもっといい形で出来るように、また皆さん協力して下さい!

 

 

 それでは、また。